あなたには
要らなくなったスニーカー
フィリピンに届けば
子どもたちの宝物になる。

2014-03-02 16.56.45.jpg

東南アジアにある人口1億人の国・フィリピン共和国。

7107つの島々からなるこの南国では、元気な子どもたちの笑顔をどこでも見ることができます。

近代化された21世紀の現在でも、フィリピンの子どもたちには足りていないものが3つあります。

 

1. 安全な歩道、安全に走り回れる公園

 

2. 怪我をしても安く治療をうけられる病院

 

3. 足を守るスニーカー

 

1.と2.はお金がかかりすぎるため、簡単には作れません。

 

しかし、3.の足を守るスニーカーなら、

日本で要らなくなったスニーカーを集め、プレゼントすることはできます。

 

子どもたちにとってスニーカーは、中古だとしても簡単に入手することはできません。

ほとんどの子どもがビーチサンダルや裸足で過ごしています。

 

ビーチサンダルですらボロボロです。

 

そんなボロボロのビーチサンダルで、子どもたちは生活しています。

 

デコボコの道を、小学校まで1,2時間歩くことは当たり前。

小さな石だらけの空き地で、サッカーやバスケットボールをすることも当たり前。

鉄筋や割れたアスファルトの転がる街の道路を、買い物しに歩くことも当たり前。

 

彼らの多くは貧しく、怪我をしても病院には行けません。

 

 

そこで私たちは、SNSや口コミで、不要になったスニーカーを集め、

直接そのダンボールを抱えて、フィリピンまで届けることを始めました。

 

援助は一切なく、すべて個々のメンバーの自費で活動しています。

 

 

1足でもかまいませんので、ぜひ不要なスニーカーをお譲りください。

 

 

くわしくはこちらをご覧ください。